読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとだけ元気

私の毎日

ちょっとだけ元気です。

内容は前回のブログほど元気じゃないですが。

 

先日奥歯三本丸々抜ける夢を見ました。

歯が抜ける夢って悪い夢らしいですね。

いやだなあ。

その前には好きな芸能人に会えたのになんだか悲しい。

おそらく二度寝が良くない。

 

 

教習所に顔を出したりしています。

運転はしたくないけど好きな教官がいるので楽しい。

どうやら教習所マジックなんてものがあるらしいけどその人と車なんて乗ったことないから単に面白いとおもってるだけだと思う。

それにしても教官って大変だ。

素人に命預けるようなものだしね…

それですかれちゃたまらない。

いや、可愛い子だったりならいいんだろうけど私みたいなちんちくりんじゃね。

 

 

この頃言葉が出てこない。

基本的に妄想して、文章を書いて生きてきたはずなのに想像が、言葉が一つも私の中にない。

おかしい。

ものの正しい名前が言えない。

柄杓をお酌って言ってたり、何かおかしい。

 

本当に脳に問題でも起きているような気がする。

 

莫大なエネルギーがない。

いろいろなことを覚えていられない。

以前親との間にあったいざこざなんで綺麗さっぱり消去されていて、ついこの間有事人に言われて思い出した。

ただそれは、思い出したくない、思い出すと面倒で、もう二度とそうなりたくないと思ってしていることのなのかもしれないけどね。

疲れてるのか、なんなのか。

 

涙もろい。

ちょっとしたことで泣きそうになる。

この間はスマステのドラえもん特集で泣いていたし、教習行く途中でも泣きそうになっていた。

しんどい。

 

以上。

広告を非表示にする

あぶない刑事がすきっていうお話

お題「最近見た映画」

お題「楽しみにしているテレビ番組」

 

お題のやり方がわからない。

わからないけどこれで何かのお題がついたのかな?

素人がほざいてるだけ(しかも知識がない)なのでイラっとしたくないかたはブラウザバックでお願いしますw

あまり何かを下げて何かをあげるという褒め方は好きではないのですが、単に一個人としてちょっと古いものが好きということと、あぶでかが好き!ってだけの文章です。

 

最近見た映画、といってもドラマ、映画ですね。

ついでに楽しみにしている、ではなく楽しんでいるテレビ番組、だw

もう何度も見ている1980年代のあぶない刑事。

私の年代には見ている人はほぼおらず、周りに話せる友人もいませんが…

やはり初期のあぶ刑事は面白い!!

ドラマで言うなら20話ちょいあたりまでがとても好きです。

この頃TV版ともっと、映画の1作目、2作目を見直しました。

古い横浜の風景に派手なアクション、キザなセリフ、80年代のファッション…

いまその時代のものを見るとふっる!とかだっさ!とか若い人は言いそうですね。いや、私もその年代なんだけどさ。

でもあぶでかの良さはそこだと思うんです。軽快なステップや颯爽と走るバイクにレパード…ハードボイルドかと思えばおちゃらけた部分もあったり。

いや、本当に柴田恭兵さんがかっこいい…ユージ好きです…恭様無口な方だとは思うのですが(?)またご本人とキャラクターが違うのにノックアウトでしたね。もうドラマみながらユージが、ユージがばかり言っている気がします。

舘さんは子供のころにあぶでかの映画(?)を見てかっこいい!好き!と言っていました。今、それから時が経って同じ映像をみてもやっぱりかっこいいので昔から一貫した趣味なんだなと思いましたw

 

さて、私はリアルタイムでみることはできなかったけれど、このドラマやその他刑事ドラマが放送されていたころといまのドラマの雰囲気は結構違うように思います。

あまりドラマを見るほうではないけれどこの頃見る刑事ものは結構とんでるものがおおいなあ…と。もしくは現実に沿っているか、ですね。(まぁ言ってしまえば横浜にいけば銃を撃ちまくっている人がいるわけでもなし、撃たれて16時間耐える刑事がいるわけでもないのでこれもとんでるといえばとんでますがねw)

なんだろう、制作方法の違いなのかな。

太陽にほえろとか、これとか、何台の車をつぶしたんでしょうかw

今じゃ(恐らく)そんな予算はないのだろうし、そういうのは流行らないんだろうなあ。テレビを見る人も減ったみたいだし。

派手なアクションが必要とされていないのか、なんなのか。

ついでにCGでだいたいのことが解決できてしまうから…

だからといってすべてCGに頼るのはちょっと悲しいなあとおもいます。

車の前に炎とか爆破のエフェクト出してそれで終わりなのが寂しい…

 

あとは銀星会だったり、地としての続くテーマはありますが1話ごとに解決するのが見ていて気分がいいです。

まぁ、これは今もなのかな?でもそれがより顕著なように感じます。

設定があって、その上でぱんぱんと解決されていくのがわかりやすかった。やっぱり最後は二人にかっこよく逮捕してもらって、そのあとの薫ちゃんのアップっていうのがいいですね。

 

他には後ろでみんなが動いていたりするところかな…。

何かで読みましたがあぶでかでは港署のシーンの時必ず警邏の人とか動いている(演技している)ということがありました。

確かに言われてみると何かしらで写っていますよね…内容的にリアリティがあるとはいえないけれど(その、銃とかね)そのなかでもこの演出は現実味を与えてくれているみたいで好きです。

 

たしかに今のドラマですきなものもあります。

医龍だったり(これは本当に大好き)、デカワンコはタベチャンのかわいさとみんなの絆にやられていたり…

まぁでもどうやら私はちょっと昔のものが好きみたいです。

 

 

とかいう、お話。

パパさんもかっこいいんだよなあ…トオルくんもやるときはやる男だし…ナカさんもとってもいいキャラクターだし…課長の隠れたやさしさというか信頼感というか…

もうばかもん!は聞けないし、とても悲しい…だから昔の映像を見ようと思うのです。

そういえばパパさん引退なさっていたそうですね。さらばのために出演してくださったとか。

さらばはみんな出ていて、ちょっと薫ちゃんの行き過ぎた格好だったりはあったのですがお二人の姿が見れてとてもうれしかったです。

あれが最後だったのだとは思うけれど、やっぱりタカとユージに会いたいと思ってしまう…

舘さんが冗談であぶでかですから、とおっしゃっていましたから、ちょっとだけ期待して待っていようかなw

 

 

横浜を歩けばロケ地にあたる。

春なのでまた歩きに行きたいなあ。

 

今日は珍しく弱音がないブログでした。

嫌なことは大量にあって、気が重くて仕方がないのですが…あぶでかで頭をいっぱいにして現実逃避ですw

 

胸が痛い

胸が痛い。物理で。調べてると心臓神経痛っていうやつなのかな?小学生の頃からちょこちょあったことだけどこの頃よく起きる。困る。


前回の最後に卑屈なことを書くといったけれど少し変えます。

結局鬱々とした気分は抜けていませんでした。2、3日前からなんとなく楽しくなってきました。何があったわけじゃないんですけど。


今日は愚痴が多くなりそうなので嫌な人は逃げてくださいまし。


まあこんな性格なので友達は少ないです。というか、私がそう認識している人が少ない、が正しいのかも。人に言わせるとパーソナルスペースが広いらしい。

まあ、だから友達は大事にすべきなのだけれど…無理やり私の中に入り込もうとしてくるのはやめて欲しいな…というお話。

ラインで話してるとガンガン聞いてくる友人がいるんですね。洋服とかでよく相談するし、一緒にいて楽しい友人です。

私はひどいネガティブで、臆病の私が悪いのはわかるのだけれど、それを訂正されるのはしんどいなあ…私が好きだから、してくれてるのはわかるんだ。きっとポジティブに、前向きに生きた方が楽しいだろうとおもう。だけど、それができないのが私で、しちゃいけないの私だと思うんだなあ…

聞いて欲しい時にはなんとなくそういうし、あんまり中に入ってきてほしくない。それでいて私はかまってちゃんの精神がグラグラしてる人だからうっかり喋っちゃったりする。自己嫌悪に陥る。作業が進まない。2時間くらいかけて浮上する。だらだらする…ほんと何やってんだろうっって感じです。悪気はないんだよね、心配してくれてるんだよね、わかってる。私が弱いだけなんだよね…



せっかくだからほかのことも書いておこうかな。

私はなにかアニメでもドラマでもそれが三次元の人間でも依存している時が一番調子がいいという自覚があるわけですが…(まあ現実逃避ですね)

そんな私の近くにいてくれる親友がいるわけです。彼女は本当に人気者でお母さんとかいってみんなに好かれてるし、大学もさらっと行きました。いや、私の知らないところで努力してたんだろうな。

でも彼女は私の精神が常に危ういことをわかってるから相談とかはしてこない。私が壊れるから。嬉しいんだけど、そうなると私はなんなんだろうとおもう。迷惑かけてるだけじゃない。好きだから、だけで普通人間は付き合ってられないと私はおもう。それだったら連絡とったり遊んだりしないほうがいいんじゃないかなって思ってしまう。それでもなんだかんだ言って会ってる。ずるずるずるずる。私なんかに時間使うより他の子と遊んだ方がいいはずなのに。なんでだろう、人間関係よくわからないんだ。

あの子の他の仲がいい子は私を通じて仲良くなったグループの子です。私がそこから勝手にはなれたのがいけないのだけれど、なんだか悔しい気もしますねw(執着心丸出し)

でもあのグループは余計にお金を遣わされるし、劣等感煽られるし、離れるのは必然だったんじゃないかなあとか。


メンヘラ全開だわ…よくない。とは思いつつ吐き出せる場所が結局ここしかない。許してください。



いろんなことがうまくいかないなあ。

頑張らなきゃ。この間書いたけれど書類出したところまず学歴で落とされそうで今から凹んでます。

あ、ラジオのハガキは続行中です。楽しい!


とりあえずここまで。


広告を非表示にする

抜けました

私の毎日

またすぐに来るんだろうけど一応今回の鬱な期間は抜けた気がします。というか、全て頭から取っ払って馬鹿になってる感じがします。やることは山積みなのに目を逸らしてる感じ。新たにはまっている沼の知識を吸収するとかいう免罪符を片手に逃げ続けてる。明日からはちゃんとする。約束する(誰にって感じですけど)

 

 

落ちてる時期はいつも以上に神経質になりますね。いつでも心配性すぎたりはするのですが。

一度気になりだすと確認できるまで気になって、心臓をそれこそ掴まれているような気分になる。足元グラグラという感じもする。

 

それが起きたのはつい先日きちんと出先の戸締りをしたかということで。その部屋を出る時に3回くらい忘れ物がないかを確認して、何もない風景を頭に焼き付けてきたは良いものの、鍵閉めの確認の風景がどうも思い出せない。閉めたかな…私のことだから閉めてるだろうな…ああでも閉めていなかったらどうしよう…私はいいけど他の人に迷惑がかかる…でも行くにはうん時間かかるし…そんなことを考えた挙句電話して近くにいる他の人に確認をして頂きました。ああ情けない。迷惑、結局かけてしまってるし。

 

いつも私は後ろを振り返りながら歩きます。ポケットから何か出すとき、鞄を開いたとき、ただ歩いている時も。何か落としてないかなーって。電車から降りるときも、椅子の下も軽くみます。怖いから。物を無くすのがすごくこわい。無くなるのも嫌だし、個人情報を落としたらどうしようって思う。落としたらすぐ何か悪いことが起こるんじゃないかって。なんでなんだろう。

 

 

世の中の大半は悪、外を歩けば危ない、刃物を持った人がいるかもしれない、信号待ちでは車にひかれる、みたいに言い聞かされて育ったせいでしょうね。(これを書いている今も、これを書いたことで誰かが私を襲うんじゃないかって思ってる。刃物とかそういう意味でね。)未だに携帯にはGPSが付いています。幾つだとおもってるんだ。

でも確かにこれがないと怖いこともあります。もし何かがあったとき、(そういう危険じゃなくても地震とか)GPSがあれば家族は私の居場所を知ることができる。

結局依存してるんですよね。ああ嫌だ。

自由な行動が出来ない代わりによくわからない安心感を得て、一生このままなんだと思う。

 

 

この間ラジオにハガキを送りたいということも書きましたね。

私にしては本当に大胆な行動だと思うんです。

テレビ局のプレゼント応募だとか、そういうものには絶対手紙を送るな!個人情報が漏れて大変なことになるぞ!と言われていたので…ラジオネームと住んでる都道府県、おもて面には(あれ、宛名がおもて面であってますっけ)市区(町村)まで書いてしまいました。個人情報には繋がらないかなって。だってそのあとがなければ分からないでしょ?本名もイニシャルしかないし。でも思ってしまったんです。裏に消印つくじゃん!あれってもっと狭い範囲まで特定されちゃうのかな、どうなんだろう。そう思って部屋にあったハガキを見たけれどあまり参考にならず落ち込みました…

よくよく考えればそんな情報悪用する人なんていないはずだとは思うのですがポストに投函するときすごく怖かった。未だに市区は書くべきじゃなかったかなっておもう。でもそのことと消印まで気にしていたら私は栄えているところまで電車で出てから投函しないといけなくなる。もっと言えば指紋がついているからハガキを触るのに手袋もしなきゃいけなくなる…やっぱり変だと思う。から、次からは都道府県とラジオネームだけ書いて送ることにする。(支離滅裂で申し訳ない)

 

私の家は本当に普通でやばいものがあるとかお金があるとかではないのですが、妙に親が厳しくて…厳しいというか神経質かな?

個人情報に関するエピソードはまだまだありますねw割愛しますが。

 

 

ともかく私は極度の神経質なんだと思います。外の世界を知らないし。

これで生きていけるのかなあ。

メンヘラだし、地雷女だし頭が悪いくせにプライドはありえないほど高いし…この性格を辞めたくて仕方ない…

 

 

次回は卑屈なこと書いているかもです。

お休みなさい。

広告を非表示にする

定期的にくる

私の毎日

定期的にくる病んだ時期みたいなのを辞めたい。双極性障害まではいかないのだろうけど、(というか私がそうだとしたらほぼ全ての人間が双極性障害になってしまうのだろうが)例にあるような上がり下がりがきつい。

落ちると色々なことが手につかなくなるから困る。だいたい二週間くらいで回るんだな、これが…早く抜けてほしい。CDを借りに行こうにも足がない。歩けばいいのだろうけれど、歩く時間が勿体無い気がする。(私の自転車は母親がつかっているから、いま家にないのだ)

 

落ちている時期になると考えないで良いことを考えてしまう。

例えば過去にあったことの裏を考えてしまったり。

数年前両親が勝手に私に部屋を模様替えをしたことがあった。私と私の部屋は親の持ち物なのだから仕方ないのだけれど、この頃自分の部屋にいるようになって思う。ドアを開けるとすぐに机が見えるように配置したのは簡単に監視するためではないだろうか。あの頃は部屋に親が盗聴器やらなんやらを仕込んでいるとまで思っていたから、(そこまではしていないだろうけど)ありえない話ではない気がする。

支離滅裂な文章で申し訳ない。気分転換に歩いて出かけようかな。

ラジオにハガキ出したいし、外に出れば気分も変わるかもしれない。

息苦しい日々だなあ。

 

とあることに応募したが、後からノートパソコンを購入するとはいえすぐに落とされそうな気がしている。学歴が底辺だとどうしようもない。将来1人で生きていけるのだろうか。そのくせ一人暮らしがしたいとかほざいている私は本物の甘ちゃんなんだろう。

 

広告を非表示にする

なんとなく始めてしまった

本当はこんなことしている暇なんて無いのだけれど、疲れたので始めてしまった。

はじめに、私のネット歴はそこそこだと思う。けれどその割には随分と臆病だと自覚している。それは、別に炎上被害にあったとかそう言うわけではなく、育ってきた環境というか洗脳というか、そういうところにあるのだろう。だから、細かい個人情報を書くことは避けておく。


恐らくこのブログを細々と更新することはないのだろう。

ついでに言えば、書くこともきっとだいたいが世間の人にとっては当たり前だったり、甘えみたいなことばかりだと思う。周りの人間は大抵私にそう言う。現状をどうにかすると言ってくれた人も、結局手の出しようがなかった。

私は社会の底辺の、甘ったれだ。結局はそう言う烙印が押されるような人間だ。こんなことをブログに書いてしまうようないつまでも厨二病を引きずっているような人間だ。

ただ、少しだけ吐き出す場所が欲しくなった。それでも良ければ覗いて行って欲しい。