読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抜けました

またすぐに来るんだろうけど一応今回の鬱な期間は抜けた気がします。というか、全て頭から取っ払って馬鹿になってる感じがします。やることは山積みなのに目を逸らしてる感じ。新たにはまっている沼の知識を吸収するとかいう免罪符を片手に逃げ続けてる。明日からはちゃんとする。約束する(誰にって感じですけど)

 

 

落ちてる時期はいつも以上に神経質になりますね。いつでも心配性すぎたりはするのですが。

一度気になりだすと確認できるまで気になって、心臓をそれこそ掴まれているような気分になる。足元グラグラという感じもする。

 

それが起きたのはつい先日きちんと出先の戸締りをしたかということで。その部屋を出る時に3回くらい忘れ物がないかを確認して、何もない風景を頭に焼き付けてきたは良いものの、鍵閉めの確認の風景がどうも思い出せない。閉めたかな…私のことだから閉めてるだろうな…ああでも閉めていなかったらどうしよう…私はいいけど他の人に迷惑がかかる…でも行くにはうん時間かかるし…そんなことを考えた挙句電話して近くにいる他の人に確認をして頂きました。ああ情けない。迷惑、結局かけてしまってるし。

 

いつも私は後ろを振り返りながら歩きます。ポケットから何か出すとき、鞄を開いたとき、ただ歩いている時も。何か落としてないかなーって。電車から降りるときも、椅子の下も軽くみます。怖いから。物を無くすのがすごくこわい。無くなるのも嫌だし、個人情報を落としたらどうしようって思う。落としたらすぐ何か悪いことが起こるんじゃないかって。なんでなんだろう。

 

 

世の中の大半は悪、外を歩けば危ない、刃物を持った人がいるかもしれない、信号待ちでは車にひかれる、みたいに言い聞かされて育ったせいでしょうね。(これを書いている今も、これを書いたことで誰かが私を襲うんじゃないかって思ってる。刃物とかそういう意味でね。)未だに携帯にはGPSが付いています。幾つだとおもってるんだ。

でも確かにこれがないと怖いこともあります。もし何かがあったとき、(そういう危険じゃなくても地震とか)GPSがあれば家族は私の居場所を知ることができる。

結局依存してるんですよね。ああ嫌だ。

自由な行動が出来ない代わりによくわからない安心感を得て、一生このままなんだと思う。

 

 

この間ラジオにハガキを送りたいということも書きましたね。

私にしては本当に大胆な行動だと思うんです。

テレビ局のプレゼント応募だとか、そういうものには絶対手紙を送るな!個人情報が漏れて大変なことになるぞ!と言われていたので…ラジオネームと住んでる都道府県、おもて面には(あれ、宛名がおもて面であってますっけ)市区(町村)まで書いてしまいました。個人情報には繋がらないかなって。だってそのあとがなければ分からないでしょ?本名もイニシャルしかないし。でも思ってしまったんです。裏に消印つくじゃん!あれってもっと狭い範囲まで特定されちゃうのかな、どうなんだろう。そう思って部屋にあったハガキを見たけれどあまり参考にならず落ち込みました…

よくよく考えればそんな情報悪用する人なんていないはずだとは思うのですがポストに投函するときすごく怖かった。未だに市区は書くべきじゃなかったかなっておもう。でもそのことと消印まで気にしていたら私は栄えているところまで電車で出てから投函しないといけなくなる。もっと言えば指紋がついているからハガキを触るのに手袋もしなきゃいけなくなる…やっぱり変だと思う。から、次からは都道府県とラジオネームだけ書いて送ることにする。(支離滅裂で申し訳ない)

 

私の家は本当に普通でやばいものがあるとかお金があるとかではないのですが、妙に親が厳しくて…厳しいというか神経質かな?

個人情報に関するエピソードはまだまだありますねw割愛しますが。

 

 

ともかく私は極度の神経質なんだと思います。外の世界を知らないし。

これで生きていけるのかなあ。

メンヘラだし、地雷女だし頭が悪いくせにプライドはありえないほど高いし…この性格を辞めたくて仕方ない…

 

 

次回は卑屈なこと書いているかもです。

お休みなさい。

広告を非表示にする